2005年11月30日

エミューのお話。part2

エミューはオスが子育てをします。
メスは卵を産んだらさっさと立ち去り、また別のオスのところへいきます。
エミューの卵は鮮やかな紺色です。青ともいえます。
この色がオスに卵を抱く気を起こさせるそうです。
この目立つ青色の卵を敵にとられないようにつきっきりで抱くからです。
その間は飲まず食わず・・・
がんばっていますねぇ。
エミューの卵にとって天敵はほかのエミューだそうです。
長旅の途中のエミューたちにとって、卵はとても貴重な栄養源。
どちらも必死です。
また、孵った雛たちに親は一切のえさをやりません。卵から孵った雛は自分で地面に落ちている植物の種などを食べています。
雛の見た目はうりぼうみたいでシマシマの模様がついています。
雛たちがある程度大きくなると長旅の再開。
親は雛たちの歩調に合わせてゆっくり旅をします。
このころの雛たちにとってディンゴ(オーストラリアの野性犬)が一番の天敵です。

ニックネーム ハォ at 08:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/129610
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

2005年11月30日

エミューのお話。part2

エミューはオスが子育てをします。
メスは卵を産んだらさっさと立ち去り、また別のオスのところへいきます。
エミューの卵は鮮やかな紺色です。青ともいえます。
この色がオスに卵を抱く気を起こさせるそうです。
この目立つ青色の卵を敵にとられないようにつきっきりで抱くからです。
その間は飲まず食わず・・・
がんばっていますねぇ。
エミューの卵にとって天敵はほかのエミューだそうです。
長旅の途中のエミューたちにとって、卵はとても貴重な栄養源。
どちらも必死です。
また、孵った雛たちに親は一切のえさをやりません。卵から孵った雛は自分で地面に落ちている植物の種などを食べています。
雛の見た目はうりぼうみたいでシマシマの模様がついています。
雛たちがある程度大きくなると長旅の再開。
親は雛たちの歩調に合わせてゆっくり旅をします。
このころの雛たちにとってディンゴ(オーストラリアの野性犬)が一番の天敵です。

ニックネーム ハォ at 08:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/129610
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック